• HOME
  • 院生の活動
院生の活動

生物地球化学コースの学生は、博士課程9人、修士課程25人(うち留学生13人)の34人で構成されています!(2019年度)

活動記録
2019年12月
11月25日〜12月9日の間、北海道大学札幌キャンパス内において、本コースの学生4名および教員2名で、大気化学実習(地球圏科学実習II)を行いました。
2019年11月
(独)日本学生支援機構(JASSO)海外留学支援制度(協定受入)を利用して、中国・厦門大学大学院博士課程2年の沈雅威さんが、 特別研究学生として、滞在を始めました。 貧酸素水が耐冷性底生微細珪藻類の生態生理に及ぼす影響を実験的に評価する予定です。
服部圭佑さん(M1)が幌内川で河川水試料の採取を行いました(11月14日)。
稲垣征哉さん(M1)が11月5日~6日に福井県年縞博物館において水月湖堆積物コアの分取作業を行いました。
鈴木健太さん(D3),菊池壮平さん(M2),稲垣征哉さん(M1)が11月16日~17日につくば市において開催された地球環境史学会年会において研究発表を行いました。
  • 鈴木健太, 山本正伸, Brad Rosenheim, 大森貴之, Leonid Polyak,炭酸塩枯渇堆積物への新しい放射性炭素年代決定法の適用:北極海,アラスカ縁辺の後氷期堆積物への昇温熱分解14C年代
  • 菊池壮平, 山本正伸, 山本洋司, Yair Rosenthal, Samantha Bova, 海底堆積物GDGTを用いた過去150万年間の西太平洋暖水塊における海面水温および降水量の復元
  • 稲垣征哉, 山本正伸, 中川毅, 関宰, 水月湖堆積物コアを用いた古気候変動の復元
2019年10月
卒業生の朴惟賢さん(釜山大学研究員)が10月21日~25日に実験室に滞在し、タスマン海堆積物コアのGDGTの分析を行いました。
2019年9月
森雄太郎さん(M2)、YAN Dongさん(D2)が日本海洋学会秋季大会(富山,9月25日〜29日)において発表を行いました。
  • 森雄太郎, 山下洋平, 小川浩史, 東部インド洋における燃焼起源溶存有機物の分布と動態に関する研究
  • Yan, D. J. Nishioka, M. Ito, T. Toyota and K. Suzuki, Photosynthesis and growth of ice algae can be suppressed during ice melt.
後藤周史さん(D3)が松野環境科学賞を受賞しました(9月27日)。
鈴木健太さん(D3),菊池壮平さん(M2),王方憲さん(M1),稲垣征哉さん(M1),善本智佳さん(B4),後藤大樹さん(B4)が9月17日~20日の期間,高知コアセンターにおいてベンガル湾および西部熱帯太平洋から採取された堆積物コアの分取作業を行いました。
2019年8月
鈴木健太さん(D3)が第37回日本有機地球化学シンポジウム(金沢,8月28日〜29日)において発表を行いました。
  • 鈴木健太, 山本正伸, Brad Rosenheim, 大森貴之, Leonid Polyak, 昇温熱分解14C年代測定法の北極海アラスカ縁辺堆積物への応用
服部圭佑さん(M1)と阿部蒼士さん(B4)が石狩川で河川水試料の採取を行いました(8月31日〜9月1日, 3日)。
2019年7月
7月16〜19日の間、北海道大学北方圏フィールド科学センター厚岸臨海実験所において、本コースの学生8名および教員6名で、海洋学実習(地球圏科学実習II)を行いました。
2019年5月
鈴木健太さん(D3)、稲垣征哉さん(M1)、土橋司さん(M2)、Aleksandr NOGOVITCYNさん(M2)、飯塚睦さん(M2)が日本地球惑星科学連合(JpGU)2019年大会(5月26〜30日,千葉・幕張メッセ)において研究発表を行いました。
  • 鈴木健太, 山本正伸, Brad Rosenheim, 大森 貴之, Leonid Polyak: Application of the ramped pyrolysis 14C dating to postglacial sediments from the Alaskan margin, Arctic Ocean.
  • 稲垣征哉, 山本正伸, 中川毅: 水月湖コアの長鎖脂肪酸水素安定同位体比にみられる十年規模変動.
  • 土橋司,宮﨑雄三,立花英里,岩本洋子,高橋一生,堀井幸子,Shu-Kuan Wong,濱﨑恒二, 北太平洋亜熱帯域における海洋大気エアロゾル中の水溶性有機態窒素の起源.
  • Aleksandr NOGOVITCYN, Atsuko SUGIMOTO, Ruslan SHAKHMATOV, Tomoki MOROZUMI, Shunsuke TEI, Yumiko MIYAMOTO, Trofim MAXIMOV, Spatial and vertical variations of carbon and nitrogen isotopes of larch forest and NDVI in Eastern Siberia.
  • 飯塚睦, 関宰, 堀川恵司, 山本正伸, 池原実, 杉崎彩子, 板木拓也, 入野智久, 菅沼悠介, Reconstruction of Antarctic ice sheet dynamics in the last interglacial.
第10回日本光合成学会年会(2019年5月25日〜26日、京都産業大学)において、Yan Dongさん(D2)がポスター発表を行いました。
  • Yan, D., J. Nishioka, M. Ito, T. Toyota, and K. Suzuki, Algal photosynthesis and growth can be suppressed immediately after ice melt: A case study of ice algae from the Sea of Okhotsk.
飯塚睦さん(M2)がInternational Ocean Discovery Program Expedition 382においてJOIDES Resolutionに乗船しました(航海名:Iceberg Alley and Subantarctic Ice and Ocean Dynamics,期間:2019年3月20日-5月20日)。
2019年4月
潘先亮さん(M2)、柚木駿さん(M2)、土橋司さん(M2)が、Surface Ocean–Lower Atmosphere Study (SOLAS) Open Science Conference 2019 (2019年4月21〜25日、北海道大学)において、以下のポスター発表を行いました。
  • Pan X., Fujita K., Li BF., Watanabe YW., Evaluation of oceanic anthropogenic fixed nitrogen in the western North Pacific and the Southern Ocean
  • Yunoki S., Yamasaki R., Li BF., Watanabe YW, Spatiotemporal changes of ocean anthropogenic CO2 and ocean acidification in the western North Pacific by using parameterization
  • Tsukasa Dobashi, Yuzo Miyazaki, Eri Tachibana, Yoko Iwamoto, Shu-Kuan Wong, and Koji Hamasaki, Origin of water-soluble organic nitrogen in marine atmospheric aerosols in the subtropical North Pacific
2019年3月
ASLO 2019 Aquatic Sciences Meeting(2019年2月23日〜3月2日、プエルトリココンベンションセンター)において、吉田和広さん(D3)が口頭発表を行いました。
  • Yoshida, K., A. McMinn, A. Seger, K. Karsh, and K. Suzuki, Physiological responses of ice algae to Fe and light availability: Ex situ incubation of ice algae using a low-Fe ice tank.
日本海洋学会海洋生物シンポジウム2019(2019年3月23日〜24日、東京海洋大学品川キャンパス)において、吉田和広さん(D3)が口頭発表を行いました。
  • Yoshida, K., Seger, K. Karsh, A. McMinn, and K. Suzuki, Effects of Fe and light availability on ice algae: Ex situ incubation of ice algae using a low-Fe ice tank.
Lu Songさん(D3)、鈴木健太さん(D3)、Lee Muifaさん(D2)、Sherine Kongさん(研究生)が第二回頭脳循環ワークショップ「アジアと西部大洋・インド洋における陸海リンケージ:全球気候変化との関係」(平成31年3月5-6日、東京大学)において研究発表を行いました。
  • Kenta Suzuki: Collapse of the Laurentide ice sheet Arctic sector during the last glacial period and attempts of age estimation by ramped pyrolysis 14C method to the postglacial sediment in the western Arctic Ocean.
  • Song Lu: Elemental carbon: Fire fingerprints in Pliocene and Pleistocene marine sediments in the Japan Sea.
  • Muifa Lee: Asian dust source variability since 10 Ma based on grain size specific mineral composition at IODP Site U1425 in the Japan Sea.
  • Sherine Kong: Evidence of periodic fire activities from a record of polycyclic aromatic hydrocarbons from a Borneo peat core during the last 5000 years..
2019年2月
Yan Dongさん(D2)が第一著者として執筆した原著論文が、米国藻類学会の国際誌Journal of Phycologyに受理されました。
  • Yan, D., H. Endo, and K. Suzuki (2019) Increased temperature benefits growth and photosynthetic performance of the sea ice diatom Nitzschia cf. neglecta (Bacillariophyceae) isolated from Saroma Lagoon, Hokkaido, Japan. Journal of Phycology, doi: 10.1111/jpy.12846.
オーストラリア・タスマニア大学海洋・南極学研究所の博士課程学生であるSahan Jayasingheさんが、本大学院の特別研究学生として在籍し、南極産の海氷微細藻類(アイスアルジ−)と酸素非発生型好気性光合成細菌の光合成生理状態に関する研究を行っています。
2018年12月
La Kenya Evansさん(D3)の論文が、Marine Chemistry誌に掲載されました。
  • Evans,L. and Nishioka, J. (2018) Accumulation Processes of Trace Metals into Arctic Sea Ice: Distribution of Fe, Mn and Cd Associated with Ice Structure, Marine Chemistry, doi.org/10.1016/j.marchem.2018.11.011
吉田和広さん(D3)とYan Dongさん(D2)が、12月5日、国立極地研究所の第9回極域科学シンポジウムで研究発表を行いました。
  • Yoshida, K., A. Seger, A. McMinn, and K. Suzuki: Freezing and melting stress on the photo physiology of ice algae: Ex situ incubation of ice algae using an ice tank.
  • Yan, D., H. Endo, and K. Suzuki: Increased temperature benefits growth and photosynthetic performance of the sea ice diatom Nitzschia cf. neglecta (Bacillariophyceae) isolated from Saroma Lagoon, Hokkaido, Japan.
2018年11月
芦 松 (ル ソン) 君が、第4回地球環境史学会年会 (2018年11月17-18日 東北大学青葉山キャンパス) において、ポスター発表を行いました。
  • Lu, S., Yamashita, Y., and Irino, T., Biomass burning temperature in East Asia during the last 1.8 million years reconstructed from IODP Site U1423 using chemical proxies
2018年10月
University of Montréal (カナダ) からJeremy de Bonvilleさんが特別研究学生として来られました。カナダのダム湖や河川における溶存有機物と水銀類の分布を決定づける要因についての解析を行います。
2018年9月
研究生の王方憲君(10月より修士1年)が山本正伸准教授と中国浙江省余姚市田螺山遺跡現場館にてボーリングコアの記載と試料採取を行いました。
森 雄太郎さん(M1)が7月23日~9月14日のロシア船マルタノフスキー航海(西岡准教授が主席を務め、山下准教授も乗船)に参加し、太平洋区域における燃焼起源有機物の空間分布を明らかにするための試料採取を行いました。
Lu Song君(D2)の論文が、Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)誌に掲載されました。
  • Lu, S., Irino, T., and Igarashi, Y. (2018) Biomass burning history in East Asia during the last 4 million years recorded in elemental carbon variability at IODP Site U1423, Progress in Earth and Planetary Science 2018 5:53, DOI: 10.1186/s40645-018-0206-5, https://doi.org/10.1186/s40645-018-0206-5
Astrid Mullerさん(博士課程卒業生)が環境科学院 2018年度 松野環境科学賞を受賞しました。
土橋 司さん(M1)が日本地球化学会第65回年会(9月11日~9月13日、琉球大学)で口頭発表を行いました。
  • 北太平洋亜熱帯域における海洋大気エアロゾル中の水溶性有機態窒素の起源, 土橋 司,宮﨑 雄三,立花 英里,岩本 洋子,Shu-Kuan Wong,濵﨑 恒二
2018年8月
博士課程3年の鈴木健太君と研究生の王方憲君が2018年度有機地球化学シンポジウム(東京海洋大学)において研究発表を行いました。
  • 鈴木健太・山本正伸・Brad Rosenheim・大森貴之・Seung-Il Nam・Leonid Polyak.西部北極海の融氷期堆積物への昇温熱分解14C年代測定法の適用(口頭)
  • 王方憲・入野智久・山本正伸.礼文島久種湖RK12コアのGDGT組成(ポスター)。
La Kenya Evansaさん(D3)の論文が、Polar Science誌に掲載されました。海氷の中に蓄積される微量金属にに関する論文です。
  • La Kenya Evansa, Jun Nishioka, (2018) Quantitative analysis of Fe, Mn and Cd from sea ice and seawater in the Chukchi Sea, Arctic Ocean, Polar Science 17, 50-58
2018年6月
吉田和広さん(D3)の論文が、Estuarine, Coastal and Shelf Science誌に掲載されました。チェコ微生物学研究所、米国NASAとの共同研究の成果です。
  • Yoshida, K., H. Endo, E. Lawrenz, T. Isada, S. B. Hooker, O. Pra?il, and K. Suzuki (2018) Community composition and photophysiology of phytoplankton assemblages in coastal Oyashio waters of the western North Pacific during early spring. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 212, 80-94, doi: 10.1016/j.ecss.2018.06.018.
ブイ・ティ・オック・オアンさん(D3)の論文が、Tellus B誌に受理されました。南極海の表層のメタン分布の特徴に関する論文です。
  • Bui, O. T. N., S. Kameyama, H. Yoshikawa-Inoue, M. Ishii, D. Sasano, H. Uchida, and U. Tsunogai, Estimates of methane emissions from the Southern Ocean from quasi-continuous underway measurements of the partial pressure of methane in surface seawater during the 2012/13 austral summer, Tellus B, accepted.
2018年6月
5月20-30日の間、YAN Dongさん(D1)、YU Xuejiaoさん(M1)、下久保香奈さん(M1)がJAMSTEC・東北海洋生態系調査研究船「新青丸」に乗船して、春季三陸沖および道東沖における高解像度衛星海色センサーGCOM-C/SGLIのデータ検証と生物地球化学過程の解明に関する研究(東京大学大気海洋研究所共同利用KS-18-6次研究航海・本コース鈴木光次教授代表)を実施しました。
張替若菜さん(B4)のヒメフナムシ系統地理学研究に必要な試料を得るため,稲垣征哉君(B4)、菊池壮平君(M2)、王方憲君(研究生)、山本(教員)と樽前山山麓においてヒメフナムシを採取しました。
吉田和広君(D3)が日本地球惑星科学連合2018年大会(千葉幕張)において以下の発表を行いました。
  • Effects of light and iron availability on the photophysiology of phytoplankton in the western subarctic Pacific. 吉田和広・西岡純・鈴木光次
Lu Song君(D2)とLee Muihuaさん(D2)が日本地球惑星科学連合2018年大会(千葉幕張)において以下の発表を行いました。
  • Biomass burning history and possible origin of fire in East Asia during the million years using chemical proxies, JpGU2018, 2018年5月20-24日,幕張メッセ Lu, S., Yamashita, Y., Irino, T., and Sagawa, T.
  • Reconstruction of Asian dust source variability since 10 Ma based on grain size specific mineral composition at IODP Site U1425 in the Japan Sea, JpGU2018, 2018年5月20-24日,幕張メッセ Lee, M. and Irino, T.
鈴木健太君(D3)と櫻井弘道君(M2)が日本地球惑星科学連合2018年大会(千葉幕張)において以下の発表を行いました。
  • Application of ramped pyrolysis 1?C method to postglacial sediment in the Chukchi-Alaskan margin, western Arctic Ocean. 鈴木 健太・山本 正伸・Brad Rosenheim・大森 貴之・Leonid Polyak・Seung-Il Nam.
  • Two step expansion of C4 plants in northwestern India at 10 Ma and 7.5 Ma: Evidence of leaf wax carbon isotopes in IODP Site U1457 Sediments. 鈴木 健太・山本 正伸・関 宰
  • Application of cellulose oxygen isotopes in sphagunum from the Bekanbeushi mire, eastern Hokkaido to the reconstruction of“Ezo-tsuyu”and the East Asian summer monsoon during the last 2000 years. 櫻井 弘道、山本 正伸、関 宰、大森 貴之、佐藤 友徳