セミナー
コース全体セミナー(必修)

月一回(原則的に第2水曜の午後)

次回セミナー
日付 2019年9月11日(水)13:30-
場所 ILTS, N302
発表者 M1:1名, M2:4名
内容 研究発表
2019年度年間予定
日付 開始時刻 場所 講演者
2019.4.10 14:45 EES, D201 学生3名
2019.5.8 14:40 EES, D201 学生2名
2019.6.5 14:40 EES, D201 学生4名
2019.9.11 13:00 ILTS, N302 学生5名
2019.10.9 13:00 ILTS, N302 学生6名
2019.10.23 13:00 ILTS, N302 学生3名
2019.11.13 13:00 ILTS, N302 学生4名
2019.12.11 13:00 ILTS, N302 学生4名
  • EES:地球環境科学研究院
  • ILTS:低温科学研究所
各研究グループによる合同セミナー(いずれか必修)
各教員による個別ゼミ
有機地球化学・同位体生態学ゼミ
担当
  • 火曜日、金曜日の15:00-17:00
  • 戦略的な研究、貢献度の高い研究に関して議論し、理解を深める。英語で論文を読み書きするためのトレーニングを行う。研究の進捗状況を報告し、議論する。
同位体ゼミ
担当
  • 火曜日(週1回)16:30-18:00
  • 安定同位体の分別や標準物質などの同位体専門家としての基礎知識の習得するための教科書の輪読、同位体を用いた研究 の論文講読や研究紹介する。
  • 水曜日(週1回)10:00-12:00
  • バイオマーカーを用いた古海洋学研究の論文を要約紹介する。
  • 「Earth's Climate: Past and Future」(ed., W. F. Ruddiman, W. H. Freeman Co., 2000)を輪読し、古気候学の勉強をする。各自の研究の進展状況を報告し、議論する。
  • 英語原書を読破し、海洋物質循環を広範に深く理解することを目指す。
  • 月-金曜日(平日毎日)9:00-10:00
  • Ocean Biogeochemical Dynamics (eds.: J. L. Sarmiento and N. Gruber, Princeton University Press, 2006) の購読
  • 参考書として以下も用いる
    Dynamics and the Carbon Cycle: Principle and Mechanisms (eds.: R. G. Williams and M. J. Follows , Cambridge University Press, 2011)
    Chemical Oceanography and the Marine Carbon Cycle (eds.: S. R. Emerson and J. I. Hedges, Cambridge University Press, 2008)
極域海洋物質循環ゼミ
担当
  • 水曜と金曜日(週2回)
  • 「The Sea Ice」 (eds., D. N. Thomas and G. S. Dieckmann, Wiley-Blackwell, 2003)の輪読を行う。また関連する論文講読を行う。
溶存有機物ゼミ
担当
  • 月曜日9:00から(週1回)
  • 研究テーマに関連する論文紹介などを行う
古気候層序学ゼミ
担当
  • 金曜日(週1回)
  • 研究進捗状況の報告と教科書の講読を行う。
大気化学ゼミ
担当
  • 金曜日(週1回)13:30-15:30
  • 研究進捗状況の報告、最新の研究論文のレビューと議論を行う。
自主的研究集会